コストパフォーマンスの高さ

高い広告効果を持つのぼり

飲食店や接客業にとって、非常に頭を悩ませるのが広告です。多くのCMを出せば集客効果が得られますが、その分コストの負担が重くのしかかってきます。そんな悩みを解決できる方法として効果的なのがのぼりです。のぼりは主に店頭や駐車場などに設置します。風によってはためくため、人の視線が集中しやすく、その結果高い広告効果を持ちます。基本的に素材は布で作られており、差し替えをすることで様々な内容を掲載することができます。内容は市販されているものをそのまま利用するだけでなく、自身で布などを加工して作ることもできるため、自社だけのオリジナルのぼりを活用することもでき、リースもあるため、予算や都合に合わせて検討することも可能です。

のぼりを導入する際の注意点

のぼりを導入する際には、次のような点について注意しておかねばなりません。まず挙げられるのが視認性です。あまりに多くののぼりを設置してしまうと、のぼり同士が干渉してしまい、のぼりの内容が見づらくなってしまうことがあります。また通行客にしっかり見てもらうために駐車場の入口付近に大量ののぼりを設置する店も多いですが、その場合出入りする際に車の流れが見にくくなり、場合によっては事故を引き起こす要因となってしまう可能性もあります。特にあまりにのぼりが多いとその時点で尻込みしてしまう通行客も多いため、その点についての留意しておかねばなりません。上記のポイントをしっかり押さえ、のぼりの設置を行うことをおすすめします。

街をドライブしていたりすると、道路沿いにある「大安売り」や「本日営業中」などと書かれた旗になんだか目がいってしまうこと、ありませんか?あの旗を「のぼり」というのですが、のぼりは宣伝材としてとても優秀なんですよ。ここでは、のぼりのメリットと効果的なのぼりの作り方を紹介したいと思います。

© Copyright Banner Control. All Rights Reserved.