読みやすいのはどういうのぼり?

読みにくいのぼりの特徴とは?

のぼりを作ると、まずは人目を引こうとして、鮮やかな色を背景にしたくなることもあるでしょう。しかし、のぼりの目的を考えると、注目させた後は必要なメッセージを届けなければなりません。のぼりの文字を読んでもらうことが重要なのです。では、読みやすいのぼりとはどういったのぼりでしょうか?特に、気にしてほしい点は、「見た目」と「イメージ」の2点です。
「見た目」に関しては、背景色との差があまりなかったり、背景色と差はあるけど目がチカチカして読みにくかったりしないように気をつけましょう。
「イメージ」については、色やフォントの持つイメージと内容がずれていると読みにくくなるということを知っておくといいでしょう。例えば、「冷やし中華始めました」と白地に燃えるような書体の赤い文字で書いてあったりすることです。色の本来持つイメージと違う内容にはどうしても違和感を感じて、内容が入ってこなくなってしまうことがあります。

のぼりの文字を読みやすくするには?

見た目での読みやすさを上げるには、背景色とのコントラストを意識した配色が必要です。文字と背景の色の相性が悪いような場合は、文字の周りを別の色で囲むことで解決できることがあります。また、のぼり全体としても多くの色を使いすぎると、結果として伝えたいメッセージの印象が薄くなってしまうことがあります。のぼり全体に使用する色は多くても4色程度にとどめたうえで、文字を強調する配色を心がけましょう。
また、色のイメージと内容は一致するようにしましょう。「木のぬくもりが…」という時には緑、「激辛タンタンメン」という時には赤といった色のイメージと内容を一致させることも重要です。フォントのイメージも上手に活用し、伝えたいイメージを文字にのせられると読みやすくなります。
最後に、当然ですが、のぼりが重なって見えなかったり、のぼりの下部が風でめくれてしまって文字が読めなかったということは決してないようにしましょう。

街をドライブしていたりすると、道路沿いにある「大安売り」や「本日営業中」などと書かれた旗になんだか目がいってしまうこと、ありませんか?あの旗を「のぼり」というのですが、のぼりは宣伝材としてとても優秀なんですよ。ここでは、のぼりのメリットと効果的なのぼりの作り方を紹介したいと思います。

© Copyright Banner Control. All Rights Reserved.