人目を引く目立ちやすさ

目立たせるアピールにはのぼり

のぼりは何かを宣伝しようとするときに、コストパフォーマンスが高いです。店舗紹介やイベントの告知などをしたい場合、目立たせることを考えて、看板の設置をまず思い浮かべる方も多いかと思います。けれど、看板設置の場合、大きさなどによって変わるものの、費用は10万円からそれ以上です。一方でのぼりの場合、アピール力には遜色ないのにもかかわらず、そこから何割も削減して製作することが出来ます。
手軽に設置出来るというのも大きなメリットです。看板などは一度設置してしまうと、中々動かせませんが、のぼりの場合、ポールスタンドが軽く、力のない人でも設置することが出来ます。更には、取りかえが簡単なので新鮮な情報を取り入れやすく、イベントや新商品の紹介など、流動的に宣伝内容を更新していけます。その都度、設置側がのぼりの数を増やしたり、減らしたりと調節が自由に出来るのも魅力です。

どんなものが人目をひくのか?目立ちやすさとは?

のぼりは歩行者だけでなく、移動中の車や電車の車窓から見ることも出来、アピールしたいものを印象付けることが出来ます。 目立つのぼりにするにはシンプルなもので、遠目でも映える色合いがよいとされます。意識しないでも目に入ってくる(誘目性)と文字の内容が見やすい(視認性)がポイントです。そのためには、のぼりの地の色や文字の色を目にひくものにし、更に宣伝内容が読みやすく分かりやすいデザインにすると良いとされています。色の持つ印象を上手く利用し、文字とのコントラストで目立たせることも必要です。 一般的には、暖色系の赤や橙、黄色などが人の目を引く色だとされていますので、業種問わず多く採用されているようです。勿論、宣伝内容のイメージによって他の色を使うこともあります。その際には、地と文字とで補色関係の色を使う、明度に変化を持たせてコントラストを出すなどの方法でも目立させることが出来ます。

街をドライブしていたりすると、道路沿いにある「大安売り」や「本日営業中」などと書かれた旗になんだか目がいってしまうこと、ありませんか?あの旗を「のぼり」というのですが、のぼりは宣伝材としてとても優秀なんですよ。ここでは、のぼりのメリットと効果的なのぼりの作り方を紹介したいと思います。

© Copyright Banner Control. All Rights Reserved.